PMAN2

論文誌
[1]  中川 尊雄, 亀井 靖高, 上野 秀剛, 門田 暁人, 鵜林 尚靖, 松本 健一, ``脳活動に基づくプログラム理解の困難さ測定,'' コンピュータ ソフトウェア, Vol.33, No.2, pp.78-89, June 2016.
[2]  中川 尊雄, 亀井 靖高, 上野 秀剛, 門田 暁人, 松本 健一, ``プログラム理解の困難さの脳血流による計測の試み,'' コンピュータソフトウェア, Vol.31, No.3, pp.270-276, September 2014.
[3]  上野 秀剛, 亀井 靖高, 門田 暁人, 松本 健一, ``原価率とプロジェクトメトリクスに着目したソフトウェア開発プロジェクトの特徴分析,'' プロジェクトマネジメント学会誌, Vol.12, No.5, pp.25-30, October 2010.
[4]  亀井 靖高, 左藤 裕紀, 門田 暁人, 川口 真司, 上野 秀剛, 名倉 正剛, 松本 健一, ``クローンメトリクスを用いたFault-Prone モジュール判別の追実験,'' 電子情報通信学会論文誌D, Vol.93-D, No.4, pp.544-547, April 2010.
[5]  田村 晃一, 亀井 靖高, 上野 秀剛, 森崎 修司, 松本 健一, ``修正確認テスト規模の低減を目的としたコードレビュー手法,'' 情報処理学会論文誌, Vol.50, No.12, pp.3074-3083, December 2009.
国内会議(査読付き)
[1]  中川 尊雄, 亀井 靖高, 上野 秀剛, 門田 暁人, 松本 健一, ``脳血流計測に基づくプログラム理解行動の定量化,'' 第20回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ, Vol.20, pp.191-196, December 2013.
[2]  門田 暁人, 亀井 靖高, 上野 秀剛, 松本 健一, ``プロセス改善のためのソフトウェア開発タスク計測システム,'' ソフトウェア工学の基礎XV, 日本ソフトウェア科学会 FOSE2008, pp.123-128, November 2008.
研究会・全国大会等
[1]  吉村 巧朗, 亀井 靖高, 上野 秀剛, 門田 暁人, 松本 健一, ``ブレークポイント使用履歴に基づくデバッグ行動の分析,'' 電子情報通信学会技術研究報告. 知能ソフトウェア工学, Vol.109, No.307, pp.85-90, November 2009.
[2]  左藤 裕紀, 亀井 靖高, 上野 秀剛, 川口 真司, 名倉 正剛, 門田 暁人, 松本 健一, 飯田 元, ``コードクローンの長さとソフトウェア信頼性の関係の分析,'' 電子情報通信学会技術研究報告. ソフトウェアサイエンス, Vol.108, No.242, pp.43-48, October 2008.
[3]  田村 晃一, 亀井 靖高, 上野 秀剛, 森崎 修司, 松村 知子, 松本 健一, ``見逃し欠陥の回帰テスト件数を考慮したコードレビュー手法,'' 電子情報通信学会技術研究報告. ソフトウェアサイエンス, Vol.108, No.173, pp.61-66, July 2008.
[4]  山科 隆伸, 上野 秀剛, 伏田 享平, 亀井 靖高, 名倉 正剛, 川口 真司, 飯田 元, ``コードクローンに着目したソフトウェア保守支援ツールの設計と実装,'' 電子情報通信学会技術研究報告. ソフトウェアサイエンス, Vol.108, No.64, pp.65-70, May 2008.
[5]  山科 隆伸, 上野 秀剛, 伏田 享平, 亀井 靖高, 名倉 正剛, 川口 真司, 飯田 元, ``レガシーソフトウェア保守プロセスにおける開発者によるコードクローン認識についての観察,'' 情報処理学会第70回全国大会, Vol.5, pp.411-412, March 2008.
[6]  左藤 裕紀, 亀井 靖高, 上野 秀剛, 川口 真司, 門田 暁人, 松本 健一, ``ソースコードの圧縮性とコードクローンの関係の分析,'' 日本ソフトウェア科学会 第24回大会, September 2007.

This site is maintained by Hidetake Uwano.
PMAN 2.1 - paper management system / (C) 2002-2003, o.mizuno@computer.org / All rights reserved.