PMAN2

分類 学位論文・卒論・特別研究
Author(s)/ 著者名 志賀 圭駿
Key/ キー Keishun Shiga
Title/ 表題 観光者が持つ属性間の差異を用いた観光地推薦の検討
Month/ 刊行月 February
Year/ 出版年 2018
Note/ 付加情報
Annote/ 注釈
Abstract/ 内容梗概 特定地域の観光情報を提供するためのアプリケーション,ご当地観光アプリ は膨大なコンテンツから構成されており,ユーザが自身の嗜好に合うコンテン ツを発見するのは難しい.このような問題の改善方法として,ユーザの嗜好が反 映されていると思われるデータ群に基づき嗜好を推測する推薦という技術があ る.しかし,現在の推薦に広く用いられる協調フィルタリングは新規のユーザに 対しての推薦が困難であり,1 度限りの使用を想定しているご当地観光アプリへ の適用は難しい.そこで著者は,推薦対象ユーザが入力する性別・年齢といった 属性毎の嗜好から発生する,訪れるエリアの差異を用いての推薦を検討してい る.本研究ではユーザが持つ属性間の差異を用いた推薦が,ご当地観光アプリに おける推薦に有効であるかの検討を目的とする.その手段として,属性の違いに よって訪れるエリアにどの程度の差異が発生するかを検証する.提案手法では 属性が異なる2 群のユーザに対して,緯度経度を小数点以下4 桁で四捨五入した 値を軸とするメッシュを訪れたユーザの割合を求め,差を取ることで属性間の 差異を算出する.実験の結果,提案手法を元にした推薦は,単にある属性のユー ザが頻繁に訪れる場所をその属性のユーザに対して推薦することに比べて,意 外性のある推薦が可能である事が分かった.また,ユーザの入力する属性を増や せば,細分化した嗜好が顕在化し,よりパーソナライズされた推薦を行える可能 性を示した.結論として,提案手法により算出した属性間の差異は,特に意外性 の観点から1 度限りの使用を想定したご当地観光アプリにおける推薦に有効で あることが期待できる.
論文電子ファイル


[9-37]  志賀 圭駿, 観光者が持つ属性間の差異を用いた観光地推薦の検討, 2018.

@misc{9_37,
    author = {志賀 圭駿}, 
    title = {観光者が持つ属性間の差異を用いた観光地推薦の
    検討}, 
    month = {February},
    year = {2018},
    note = {},
    annote = {}
}

This site is maintained by Hidetake Uwano.
PMAN 2.1 - paper management system / (C) 2002-2003, o.mizuno@computer.org / All rights reserved.