PMAN2

分類 研究会・全国大会等
Author(s)/ 著者名 中村 優太,上野 秀剛
Editor/ 編者名
Key/ キー Yuta Nakamura, Hidetake Uwano
Title/ 表題 ソフトウェアメトリクスを用いた高可読性コーディング能力の定量的評価
Title of Book or Proceedings/ 書籍(会議録)表題 信学技報 教育工学研究会
Volume/ 巻 117
Number/ 号数 469
Pages/ ページ番号 159-164
Organization/ 組織名
Publisher/ 出版社名
Address/ 出版社住所
Month/ 刊行月 March
Year/ 出版年 2018
Note/ 付加情報
Annote/ 注釈
Abstract/ 内容梗概 ソースコードを読む作業の時間的コストは大きく,ソフトウェア開発現場では可読性の高いソースコードを実装することが求められる.しかし教育現場では,学習者が書いたソースコードが可読性の観点から評価されることは少なく,可読性を考慮した実装能力を身につける事が難しい.本研究では,ソースコード全体の可読性を定量的に測定するソフトウェアメトリクスを提案する.本稿ではインデントとアルゴリズムの違いがソースコードの可読性に及ぼす影響を定量的に評価する.インデントによる可読性の評価では,ソースコードのインデント状態を場合分けし,被験者による可読性評価をもとに定量化する.アルゴリズムによる可読性の評価では,アルゴリズム全体の複雑さを表す拡張サイクロマティック数を提案する.被験者実験の結果,インデント状態の異なるソースコードに対する可読性の違いを表す重みを求めることができた.また,拡張サイクロマティック数と主観的な可読性の評価に相関がみられた.
論文電子ファイル


[5-52]  中村 優太, 上野 秀剛, ``ソフトウェアメトリクスを用いた高可読性コーディング能力の定量的評価,'' 信学技報 教育工学研究会, Vol.117, No.469, pp.159-164, March 2018.

@inproceedings{5_52,
    author = {中村 優太 and 上野 秀剛}, 
    editor = {},
    title = {ソフトウェアメトリクスを用いた高可読性コー
    ィング能力の定量的評価}, 
    booktitle = {信学技報  教育工学研究会}, 
    volume = {117},
    number = {469},
    pages = {159-164},
    organization = {},
    publisher = {},
    address = {},
    month = {March},
    year = {2018},
    note = {},
    annote = {}
}

This site is maintained by Hidetake Uwano.
PMAN 2.1 - paper management system / (C) 2002-2003, o.mizuno@computer.org / All rights reserved.