PMAN2

分類 研究会・全国大会等
Author(s)/ 著者名 河居 寛樹,上野 秀剛,伊原 彰紀
Editor/ 編者名
Key/ キー Hiroki Kawai, Hidetake Uwano, Akinori Ihara
Title/ 表題 形態素N-gramを用いた不具合修正完了ソースコードの特定
Title of Book or Proceedings/ 書籍(会議録)表題 電子情報通信学会技術研究報告 システム数理と応用
Volume/ 巻 112
Number/ 号数 456
Pages/ ページ番号 057-062
Organization/ 組織名
Publisher/ 出版社名
Address/ 出版社住所
Month/ 刊行月 March
Year/ 出版年 2013
Note/ 付加情報
Annote/ 注釈
Abstract/ 内容梗概 本研究の目的はバグ報告文から修正が完了したソースコードを予測し,開発者に提示する手法の提案である.提案手法は形態素解析とN-gramを組み合わせ,バグ報告の文章に類似したソースコードのコミットコメントを探し,開発者に提示する.提案手法をオープンソースソフトウェアプロジェクトのリポジトリに適用し,評価を行う.評価実験の結果,提案手法は75.9%のバグ報告に対して正しいソースコードを推薦できた.
論文電子ファイル


[5-21]  河居 寛樹, 上野 秀剛, 伊原 彰紀, ``形態素N-Gramを用いた不具合修正完了ソースコードの特定,'' 電子情報通信学会技術研究報告 システム数理と応用, Vol.112, No.456, pp.057-062, March 2013.

@inproceedings{5_21,
    author = {河居 寛樹 and 上野 秀剛 and 伊原 彰紀}, 
    editor = {},
    title = {形態素N-Gramを用いた不具合修正完了ソースコー
    の特定}, 
    booktitle = {電子情報通信学会技術研究報告 システム数理
    と応用}, 
    volume = {112},
    number = {456},
    pages = {057-062},
    organization = {},
    publisher = {},
    address = {},
    month = {March},
    year = {2013},
    note = {},
    annote = {}
}

This site is maintained by Hidetake Uwano.
PMAN 2.1 - paper management system / (C) 2002-2003, o.mizuno@computer.org / All rights reserved.