PMAN2

分類 論文誌
Author(s)/ 著者名 幾谷 吉晴,上野 秀剛
Key/ キー Yoshiharu Ikutani, Hidetake Uwano
Title/ 表題 ソースコード中の変数と条件分岐による脳活動の差
Journal/ 定期刊行物名 コンピュータ ソフトウェア
Volume/ 巻 32
Number/ 号数 3
Pages/ ページ番号 84-90
Month/ 刊行月 August
Year/ 出版年 2015
Note/ 付加情報 推薦論文FOSE
Annote/ 注釈
Abstract/ 内容梗概 本論文ではNIRSを用いてプログラム理解における 1) 数値計算,2) 変数の記憶,3) 条件分岐の判断が脳活動へ及ぼす影響を調査する.20 人の被験者に3 種類のコード片を理解する課題と,3 段階の難易度の暗算を行う課題を与え,前頭極を計測する実験を行う.実験の結果,暗算の難易度によって脳活動に差が見られない一方で,変数の記憶を必要とする課題において有意に高い脳活動が見られた.結果はNIRSを用いた脳活動計測によりプログラム理解における記憶への負荷を評価できる可能性を示している.
論文電子ファイル


[2-13]  幾谷 吉晴, 上野 秀剛, ``ソースコード中の変数と条件分岐による脳活動の差,'' コンピュータ ソフトウェア, Vol.32, No.3, pp.84-90, August 2015.

@article{2_13,
    author = {幾谷 吉晴 and 上野 秀剛}, 
    title = {ソースコード中の変数と条件分岐による脳活
    の差}, 
    journal = {コンピュータ ソフトウェア}, 
    volume = {32},
    number = {3},
    pages = {84-90},
    month = {August},
    year = {2015},
    note = {推薦論文FOSE}, 
    annote = {}
}

This site is maintained by Hidetake Uwano.
PMAN 2.1 - paper management system / (C) 2002-2003, o.mizuno@computer.org / All rights reserved.