PMAN2

論文誌
[1]  幾谷 吉晴, 上野 秀剛, ``ソースコード中の変数と条件分岐による脳活動の差,'' コンピュータ ソフトウェア, Vol.32, No.3, pp.84-90, August 2015.
[2]  Yoshiharu Ikutani and Hidetake Uwano, ``Brain Activity Measurement during Program Comprehension with Nirs,'' International Journal of Networked and Distributed Computing, Vol.2, No.4, pp.259-268, November 2014.
国際会議
[1]  Aiko Yamamoto, Hidetake Uwano, and Yoshiharu Ikutani, ``Programmer’S Electroencephalogram Who Found Implementation Strategy,'' In 4th International Conference on Applied Computing & Information Technology (ACIT 2016), December 2016.
[2]  Yoshiharu Ikutani and Hidetake Uwano, ``Brain Activity Measurement during Program Comprehension with Nirs,'' In 15th International Conference on Software Engineering, Artificial Intelligence, Networking and Parallel/Distributed Computing (SNPD 2014), June 2014.
国内会議(査読付き)
[1]  幾谷 吉晴, 上野 秀剛, 中川 尊雄, ``脳波計測を用いたプログラム理解タスクの判別,'' 第22回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ (FOSE 2015), November 2015.
[2]  幾谷 吉晴, 上野 秀剛, ``ソースコード中の変数と条件分岐による脳活動の差,'' 第21回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ, Vol.21, pp.5-14, December 2014.
研究会・全国大会等
[1]  幾谷 吉晴, 上野 秀剛, ``NIRSによるプログラム理解課題時の脳活動計測,'' 第19回電子情報通信学会関西支部学生会, pp.86, February 2014.
表彰・受賞
[1]  幾谷 吉晴, 上野 秀剛, ``ソースコード中の変数と条件分岐による脳活動の差,'' 第21回ソフトウェア工学の基礎研究会, December 2014.
学位論文・卒論・特別研究
[1]  幾谷 吉晴, ソースコードの構成要素による前頭葉活発化の要因分析, 2016.
[2]  幾谷 吉晴, NIRSによるプログラム理解課題時の脳活動計測, 2014.

This site is maintained by Hidetake Uwano.
PMAN 2.1 - paper management system / (C) 2002-2003, o.mizuno@computer.org / All rights reserved.