PMAN2

著書
[1]  上野 秀剛, ``《小特集》プログラミング・エクスペリエンスの新潮流─言語設計から産業応用まで─:7.生体情報を用いたプログラミング活動の測定,'' 情報処理, Vol.58, No.11, pp.1024-1025, October 2017.
[2]  門田 暁人, 上野 秀剛, ソフトウェア工学の基礎XVIII, 近代科学社, 2011.
論文誌
[1]  大橋 亮太, 上野 秀剛, 門田 暁人, 荒木 健史, 山田 欣吾, 松本 健一, ``自動計測データと機械学習に基づくソフトウェア開発の作業目的の推定,'' コンピュータ ソフトウェア, Vol.33, No.2, pp.139-150, June 2016.
[2]  中川 尊雄, 亀井 靖高, 上野 秀剛, 門田 暁人, 鵜林 尚靖, 松本 健一, ``脳活動に基づくプログラム理解の困難さ測定,'' コンピュータ ソフトウェア, Vol.33, No.2, pp.78-89, June 2016.
[3]  一ノ瀬 智浩, 上野 秀剛, ``ゲーミフィケーションを構成する要素の違いと作業効率の評価,'' ヒューマンインタフェース学会論文誌, Vol.18, No.2, pp.65-76, May 2016.
[4]  幾谷 吉晴, 上野 秀剛, ``ソースコード中の変数と条件分岐による脳活動の差,'' コンピュータ ソフトウェア, Vol.32, No.3, pp.84-90, August 2015.
[5]  中川 尊雄, 亀井 靖高, 上野 秀剛, 門田 暁人, 松本 健一, ``プログラム理解の困難さの脳血流による計測の試み,'' コンピュータソフトウェア, Vol.31, No.3, pp.279-276, September 2014.
[6]  藤田 直幸, 廣 和樹, 福島 寛, 矢野 順彦, 山口 賢一, 上野 秀剛, 伊月 亜有子, ``PBLを用いたエンジニアリングデザイン教育における評価方法に対する考察と実践,'' 高専教育, Vol.34, pp.185-190, March 2011.
[7]  上野 秀剛, ``ユーザの生態情報を用いたシステムの使いやすさ評価,'' 奈良医学雑誌, Vol.61, No.5・6, pp.145-154, December 2010.
[8]  安藤 昌也, 中道 上, 上野 秀剛, ``ユーザの意図分析を可能にするリモコン操作記録システムの開発,'' ヒューマンインタフェース学会誌, Vol.12, No.4, pp.23-30, November 2010.
[9]  上野 秀剛, 亀井 靖高, 門田 暁人, 松本 健一, ``原価率とプロジェクトメトリクスに着目したソフトウェア開発プロジェクトの特徴分析,'' プロジェクトマネジメント学会誌, Vol.12, No.5, pp.25-30, October 2010.
[10]  亀井 靖高, 左藤 裕紀, 門田 暁人, 川口 真司, 上野 秀剛, 名倉 正剛, 松本 健一, ``クローンメトリクスを用いたFault-Prone モジュール判別の追実験,'' 電子情報通信学会論文誌D, Vol.93-D, No.4, pp.544-547, April 2010.
[11]  木浦 幹雄, 大平 雅雄, 上野 秀剛, 松本 健一, ``Webjig:ユーザ行動とユーザ画面の関連付けによる動的Webサイト利用者の行動可視化システムの開発及び評価,'' 情報処理学会論文誌, Vol.51, No.1, pp.204-215, January 2010.
[12]  まつ本 真佑, 上野 秀剛, 門田 暁人, 松本 健一, 片平 真史, 神武 直彦, 宮本 祐子, 氏原 頌悟, 吉川 茂雄, ``不具合履歴に基づくソフトウェアIv&V活動の定量的見える化手法,'' 電子情報通信学会論文誌, Vol.J92-D, No.12, pp.2195-2206, December 2009.
[13]  田村 晃一, 亀井 靖高, 上野 秀剛, 森崎 修司, 松本 健一, ``修正確認テスト規模の低減を目的としたコードレビュー手法,'' 情報処理学会論文誌, Vol.50, No.12, pp.3074-3083, December 2009.
[14]  上野 秀剛, 石田 響子, 松田 侑子, 福嶋 祥太, 中道 上, 大平 雅雄, 松本 健一, 岡田 保紀, ``脳波を利用したソフトウェアユーザビリティの評価 - 異なるバージョン間における周波数成分の比較,'' ヒューマンインタフェース学会論文誌, Vol.10, No.2, pp.233-242, May 2008.
国内会議(査読付き)
[1]  幾谷 吉晴, 上野 秀剛, 中川 尊雄, ``脳波計測を用いたプログラム理解タスクの判別,'' 第22回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ (FOSE 2015), November 2015.
[2]  幾谷 吉晴, 上野 秀剛, ``ソースコード中の変数と条件分岐による脳活動の差,'' 第21回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ, Vol.21, pp.5-14, December 2014.
[3]  大橋 亮太, 上野 秀剛, 門田 暁人, 荒木 健史, 山田 欣吾, 松本 健一, ``自動計測データに基づくソフトウェア開発の作業目的の予測,'' 第21回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ, December 2014.
[4]  中川 尊雄, 亀井 靖高, 上野 秀剛, 門田 暁人, 松本 健一, ``脳血流計測に基づくプログラム理解行動の定量化,'' 第20回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ, Vol.20, pp.191-196, December 2013.
[5]  門田 暁人, 上野 秀剛, 荒木 健史, 山田 欣吾, 松本 健一, ``ソフトウェア開発企業における開発タスクの自動計測,'' 第20回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ, Vol.20, pp.257-262, December 2013.
[6]  上野 秀剛, 大橋 亮太, ``PSP 支援のためのタスク時系列情報を用いた目的推定,'' ウィンターワークショップ2013・イン・那須, pp.25-26, January 2013.
[7]  西口 絢人, 上野 秀剛, ``不具合検出過程におけるサブゴールに着目した検出効率の比較,'' 第19回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ, pp.245-246, December 2012.
[8]  西口 絢人, 上野 秀剛, ``不具合検出行動の時系列に着目したデバッグ方法の比較,'' 第18回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ, December 2011.
[9]  中道 上, 山田 俊哉, 木浦 幹雄, 栗山 進, 上野 秀剛 , ``遠隔非同期Webユーザビリティ評価における評価者とユーザの差異,'' マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2011)シンポジウム予稿集, pp.1091 - 1096, July 2011.
[10]  中道 上, 木浦 幹雄, 山田 俊哉, 上野 秀剛, ``Webインタラクションの協調的可視化ツールの提案,'' ヒューマンインタフェースシンポジウム2010論文集(DVD), pp.341-344, September 2010.
[11]  中道 上, 上野 秀剛, ``Irrc-Logger:リモコン操作履歴に基づく実験的ユーザ行動分析,'' インタラクション2009 論文集 (DVD-ROM), Vol.2009, March 2009.
[12]  門田 暁人, 亀井 靖高, 上野 秀剛, 松本 健一, ``プロセス改善のためのソフトウェア開発タスク計測システム,'' ソフトウェア工学の基礎XV, 日本ソフトウェア科学会 FOSE2008, pp.123-128, November 2008.
[13]  木浦 幹雄, 大平 雅雄, 上野 秀剛, 松本 健一, ``Webjig: ユーザ行動とユーザ画面の関連付けによる動的Web サイト利用者の行動可視化システムの開発,'' 情報処理学会シンポジウム「グループウェアとネットワークサービスワークショップ2008」, Vol.2008, No.10, pp.97-102, November 2008.
[14]  上野 秀剛, 中村 匡秀, 門田 暁人, 松本 健一, ``プログラマの視線を用いたコードレビュー性能の要因分析,'' ソフトウェア工学の基礎XIII 日本ソフトウェア科学会FOSE 2006, pp.103-112, November 2006.
研究会・全国大会等
[1]  山本 愛子, 上野 秀剛, ``プログラムの実装戦略推定時における脳波の時系列分析,'' ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2017, August 2017. (早稲田大学)
[2]  村上 優佳紗, 角田 雅照, 上野 秀剛, ``開発者の年齢がコードレビューの結果に与える影響,'' ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2016, ポスターセッション, September 2016.
[3]  村上 優佳紗, 角田 雅照, 上野 秀剛, ``年齢がコードレビューに与える影響の分析,'' 情報処理学会関西支部 支部大会 講演論文集, Vol.D, No.04, September 2016.
[4]  山本 愛子, 上野 秀剛, ``実装戦略を推定できたプログラマの脳波,'' 情報処理学会研究報告 ソフトウェア工学研究会, Vol.193, No.6, pp.1-8, July 2016.
[5]  田中 勇気, 上野 秀剛, 一ノ瀬 智浩, 竹原 信也, ``ランキングを用いた小テストによる学生のモチベーションと成績への影響,'' 電子情報通信学会 教育工学研究会, Vol.115, No.492, pp.153-158, March 2016.
[6]  紀本 雅大, 上野 秀剛, ``モバイル端末を対象としたウェブページ要素がもつらしさの調査,'' 第21回電子情報通信学会関西支部学生会, March 2016.
[7]  山本 愛子, 上野 秀剛, ``脳波によるプログラム解法の見当がついた状態の識別,'' 第21回電子情報通信学会関西支部学生会, March 2016.
[8]  林田 俊之, 上野 秀剛, ``スマホサイトのメニューデザインを対象にした使いやすさ評価,'' 第21回電子情報通信学会関西支部学生会, March 2016.
[9]  應治 沙織, 上野 秀剛, ``レビュー開始時における対象物の比較指示によるバグ発見率の向上,'' 電子情報通信学会 教育工学研究会, Vol.2015-01-ET, pp.1-6, January 2015.
[10]  一ノ瀬 智浩, 上野 秀剛, ``ゲーミフィケーションにおける娯楽要素の組み合わせと作業効率,'' 情報処理学会研究報告. エンタテインメントコンピューティング, Vol.2014-EC-34, No.7, pp.1-6, December 2014.
[11]  池田 祥平, 上野 秀剛, ``第三者によるソフトウェア開発作業評価のための作業記録の保護手法,'' 情報処理学会研究報告 ソフトウェア工学研究会, Vol.2014-SE-185, No.2, pp.1-8, July 2014.
[12]  應治 沙織, 上野 秀剛, ``コードレビュー時の読み方教示によるレビュー効率の向上,'' 情報処理学会研究報告 ソフトウェア工学研究会, Vol.2014-SE-185, No.2, pp.1-8, July 2014.
[13]  大橋 亮太, 上野 秀剛, 門田 暁人, ``作業履歴中の主要な作業に着目した作業目的予測,'' 情報処理学会研究報告. ソフトウェア工学研究会, Vol.2014, No.22, pp.1-8, March 2014.
[14]  河居 寛樹, 上野 秀剛, ``キーフレーズ抽出によるコミットと不具合報告チケットの 自動リンク,'' 情報処理学会研究報告. ソフトウェア工学研究会, Vol.2014, No.15, pp.1-7, March 2014.
[15]  杉邑 洋樹, 上野 秀剛, ``複数ソフトウェアに対する開発者の視線分析支援ツール,'' 情報処理学会研究報告. ソフトウェア工学研究会, Vol.2014, No.23, pp.1-6, March 2014.
[16]  池田 祥平, 上野 秀剛, ``ソフトウェア開発における作業履歴の非改ざん性保証と共有手法,'' 第19回電子情報通信学会関西支部学生会, pp.85, February 2014.
[17]  幾谷 吉晴, 上野 秀剛, ``NIRSによるプログラム理解課題時の脳活動計測,'' 第19回電子情報通信学会関西支部学生会, pp.86, February 2014.
[18]  應治 沙織, 上野 秀剛, ``ソフトウェアレビューにおける読み方の教示によるレビュー効率の変化,'' 第19回電子情報通信学会関西支部学生会, pp.84, February 2014.
[19]  上野 秀剛, 一ノ瀬 智浩, ``娯楽性の付与によるチケット更新頻度の向上,'' ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2013, September 2013.
[20]  一ノ瀬 智浩, 上野 秀剛, ``異なる娯楽性を付与したタスクの作業効率比較,'' 情報処理学会研究報告. エンタテインメントコンピューティング, Vol.2013-EC-28, No.3, pp.1-6, May 2013.
[21]  杉邑 洋樹, 上野 秀剛, ``視線情報に基づいたユーザインタフェースへの慣れの定量化,'' 情報処理学会研究報告. ヒューマンコンピュータインタラクション研究会, Vol.2013, No.2, pp.1-8, May 2013.
[22]  河居 寛樹, 上野 秀剛, 伊原 彰紀, ``形態素N-Gramを用いた不具合修正完了ソースコードの特定,'' 電子情報通信学会技術研究報告 システム数理と応用, Vol.112, No.456, pp.057-062, March 2013.
[23]  杉邑 洋樹, 上野 秀剛, ``視線を利用したユーザインタフェースに対するユーザの慣れの定量化,'' 情報処理学会研究報告. ヒューマンコンピュータインタラクション研究会, Vol.2012, No.9, pp.1-7, October 2012.
[24]  上島 佳佑, 上野 秀剛, ``スマートフォンにおける片手操作と両手操作の判別,'' モバイル学会シンポジウム モバイル'12, Vol.2012, pp.9-14, March 2012.
[25]  谷 宗一郎, 上野 秀剛, ``コンテキストの推定による開発支援システム間の情報統合,'' 情報処理学会研究報告. ソフトウェア工学研究会, Vol.2010, No.9, pp.1-7, July 2010.
[26]  中川 雄貴, 上野 秀剛, ``類似画像検索によるイラスト中キャラクター名のタグ付け支援,'' 平成21年度 電気学会関西支部 高専卒業研究発表会, pp.11-12, March 2010.
[27]  中川 尊雄, 上野 秀剛, ``Web ページ間のキーワード類似度を用いた検索支援システム,'' 平成21年度 電気学会関西支部 高専卒業研究発表会, pp.17-18, March 2010.
[28]  吉村 巧朗, 亀井 靖高, 上野 秀剛, 門田 暁人, 松本 健一, ``ブレークポイント使用履歴に基づくデバッグ行動の分析,'' 電子情報通信学会技術研究報告. 知能ソフトウェア工学, Vol.109, No.307, pp.85-90, November 2009.
[29]  松田 侑子, 上野 秀剛, 大平 雅雄, 松本 健一, ``Web検索結果の表示時間と注視時間にスクロールが与える影響,'' インタラクション 2009, March 2009.
[30]  上野 秀剛, 門田 暁人, 松本 健一, ``ソースコードと設計書を対象としたレビューにおける開発者の能力の比較,'' ソフトウェア信頼性研究会 第5回ワークショップ, pp.91-93, March 2009.
[31]  吉田 淳一, 内田 眞司, 上野 秀剛, ``N-Gramを用いたレビュー作業者の視線とコードレビュー効率の分析,'' 教育システム情報学会関西支部第23回学生研究発表会講演論文集, pp.7-8, March 2009.
[32]  辻 駿介, 内田 眞司, 上野 秀剛, ``視線を用いたソフトウェアレビュー性能の要因分析,'' 電気関係学会関西支部連合大会, November 2008.
[33]  左藤 裕紀, 亀井 靖高, 上野 秀剛, 川口 真司, 名倉 正剛, 門田 暁人, 松本 健一, 飯田 元, ``コードクローンの長さとソフトウェア信頼性の関係の分析,'' 電子情報通信学会技術研究報告. ソフトウェアサイエンス, Vol.108, No.242, pp.43-48, October 2008.
[34]  木村 昌樹, 上野 秀剛, 大平 雅雄, 松本 健一, ``ユーザビリティ評価のための脳波計測手法構築へ向けた実験的検討,'' ヒューマンインタフェースシンポジウム2008, pp.735-742, September 2008.
[35]  松田 侑子, 上野 秀剛, 大平 雅雄, 松本 健一, ``複数ページに渡るWeb検索結果を対象とした視線分析,'' ヒューマンインタフェースシンポジウム2008, pp.1109-1116, September 2008.
[36]  田村 晃一, 亀井 靖高, 上野 秀剛, 森崎 修司, 松村 知子, 松本 健一, ``見逃し欠陥の回帰テスト件数を考慮したコードレビュー手法,'' 電子情報通信学会技術研究報告. ソフトウェアサイエンス, Vol.108, No.173, pp.61-66, July 2008.
[37]  山科 隆伸, 上野 秀剛, 伏田 享平, 亀井 靖高, 名倉 正剛, 川口 真司, 飯田 元, ``コードクローンに着目したソフトウェア保守支援ツールの設計と実装,'' 電子情報通信学会技術研究報告. ソフトウェアサイエンス, Vol.108, No.64, pp.65-70, May 2008.
[38]  山科 隆伸, 上野 秀剛, 伏田 享平, 亀井 靖高, 名倉 正剛, 川口 真司, 飯田 元, ``レガシーソフトウェア保守プロセスにおける開発者によるコードクローン認識についての観察,'' 情報処理学会第70回全国大会, Vol.5, pp.411-412, March 2008.
[39]  左藤 裕紀, 亀井 靖高, 上野 秀剛, 川口 真司, 門田 暁人, 松本 健一, ``ソースコードの圧縮性とコードクローンの関係の分析,'' 日本ソフトウェア科学会 第24回大会, September 2007.
[40]  中道 上, 上野 秀剛, 安藤 昌也, ``IrRC-Logger:ユーザの意図分析を目的としたリモコン操作記録システム,'' インタラクション2007, Vol.2007, No.4, March 2007.
[41]  上野 秀剛, 中道 上, 井垣 宏, 門田 暁人, 中村 匡秀, 松本 健一, ``プログラマの視線を用いたレビュープロセスの分析,'' 電子情報通信学会技術研究報告. ソフトウェアサイエンス, Vol.105, No.128, pp.21-26, June 2005.
[42]  上野 秀剛, 井垣 宏, 門田 暁人, 中村 匡秀, 松本 健一, ``プログラマの視線を用いたバグ特定プロセスの分析,'' ソフトウェア信頼性研究会 第2回ワークショップ, June 2005.
[43]  本村 拓也, 上野 秀剛, 大岡 徹也, 木村 隆洋, 秋永 和宏, 大杉 直樹, 田中 康, 飯田 元, ``PRePモデルに基づくソフトウェアプロセス運用支援ツールの試作,'' 情報処理学会研究報告. ソフトウェア工学研究会, Vol.147, pp.57-64, March 2005.
表彰・受賞
[1]  幾谷 吉晴, 上野 秀剛, ``ソースコード中の変数と条件分岐による脳活動の差,'' 第21回ソフトウェア工学の基礎研究会, December 2014.
[2]  大橋 亮太, 上野 秀剛, 門田 暁人, 荒木 健史, 山田 欣吾, 松本 健一, ``自動計測データに基づくソフトウェア開発の作業目的の予測,'' , December 2014. (IEEE Computer Society Japan Chapter FOSE Young Researcher Award)
[3]  尾上 紗野, 上野 秀剛, ``タブブラウザにおける新規ページの表示方法とユーザビリティ評価,'' 第16回電子情報通信学会関西支部学生会, pp.81, March 2011. (奨励賞)
[4]  上野 秀剛, 奈良先端科学技術大学院大学 最優秀学生賞, 2009.
[5]  木浦 幹雄, 大平 雅雄, 上野 秀剛, 松本 健一, ``Webjig: ユーザ行動とユーザ画面の関連付けによる動的Web サイト利用者の行動可視化システムの開発,'' 情報処理学会シンポジウム「グループウェアとネットワークサービスワークショップ2008」, Vol.2008, No.10, pp.97-102, November 2008. (ベストペーパー賞)
[6]  上野秀剛, 電子情報通信学会関西支部 学生功労賞, 2005.
マスコミ報道
[1]  上野 秀剛, ソフトウェア開発の職人に学ぶ (奈良ユニバーサロン ログ・イン 1000文字講座), 2010.
学位論文・卒論・特別研究
[1]  上野 秀剛, ``プログラマの視線を用いたコードレビュー性能の要因分析,'' Master thesis, 奈良先端科学技術大学院大学, 2006.

This site is maintained by Hidetake Uwano.
PMAN 2.1 - paper management system / (C) 2002-2003, o.mizuno@computer.org / All rights reserved.